工場勤務

【工場勤務を辞めたい!】辞めるべき人の特徴や転職した人の実例を紹介

I-want-to-quit-the-factory-2
  • 工場勤務を辞めたいけど、どうすればいいのかな?
  • 工場勤務を辞めたいけど、甘えかな?

この記事ではこんな疑問に対してお答えしています。

工場勤務を辞めたい・・・。

こんなことを思ったことはありませんか?

肉体労働で、毎日同じことの繰り返し。

こんな工場勤務を辞めたいと思っている人は大勢います。

しかし、工場を辞めることに不安や抵抗感があり、なかなか1歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

実際に僕も、ブラック工場で働いていた頃は、毎日辞めたいと思っていましたが、なかなか辞める勇気がもてなくてズルズルと働いていたことを今でも後悔しています。

この記事では、工場勤務13年のひろちきがそのとき感じた悩みや不安の解決方法をまとめました。

profile
>>プロフィールはこちら

工場勤務を辞めた人の転職理由

悩む人

みんなは、どんな理由で工場勤務を辞めるのかな?

工場で働いていると、どうしても辞めたくなってしまうことがあります。

しかし、「こんなことで辞めるのは甘えかな?」と思ってしまい、なかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか。

ここからは、実際に工場を辞めていった人の転職理由をまとめました。

ひろちき

僕の知り合いで、工場勤務を辞めた人の理由をまとめました。

工場勤務は体力的にキツイ

工場勤務をしていると、毎日がヘトヘトになるまで働かされます。

時間に追われながら、急いで仕事をこなさなければいけないので、体力的な負担が大きいのは事実。

重い物を持つ事が多いので、腰痛持ちの人や、年齢を重ねるごとに体力的な不安を抱える人も多いことが、大きな悩みの原因になっています。

また、30代をすぎたあたりからハードな仕事に限界を感じてしまい、工場を辞めてしまう人が多いので、将来的なことも考えて、工場を辞めてしまうことがあります。

仕事内容にもよりますが、工場の仕事というのは体力的な負担が大きいことが多いので、辞める原因にもなっています。

工場勤務は夜勤が辛い

工場で働いている人の半数以上は夜勤を経験している人が多いです。

夜勤のシフトは、2交代制や3交代制を取り入れている工場が多いので、シフト内容によっては、それぞれ感じ方が違うかもしれません。

また、給料がいいことから辞められなくなっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、長年続けていると、体調的な変化が大きいことから、夜勤に慣れている人でも「工場の夜勤はつらい」と思っている人も多いです。

特に朝方タイプの人は、夜勤中に眠たくなってしまい、仕事が手につかなくなることが多いので、夜勤のない工場に転職する人もいます。

このように、工場の夜勤というのは精神的、肉体的にも限界になってしまい工場を辞めたくなるキッカケになることがあります。

工場勤務は給料安い

工場勤務の基本給は、平均か平均以下ということが現実です。

基本的には残業や夜勤をすることで、やっと生活できるレベルの給料でしかないので、体を酷使しながら働いているのは事実。

毎年の昇給にしても、頑張りを評価されにくいことから、「頑張ってもムダだよね」と感じてしまうような金額しか上がっていかないので、不満は募る一方ではないでしょうか。

より良い環境で、より高い給料をもらえる会社に転職したいと思っている人も多いので、給料が安いという理由で辞めていく人も多いです。

工場勤務は人間関係が悪い

工場で働いている人の多くが、

  • コミュニケーションが苦手
  • 学歴が低い
  • プライドが高い

このような性格の人が多く働いている傾向にあります。

社外との関わりが少ないので、閉鎖的な環境になってしまうと、人間関係の悪化につながってしまうことが多いです。

上司と性格が合わなかったり、周りの社員と馴染めなかった場合は、工場の環境が悪いことも影響している可能性があります。

人間関係が悪いと、毎日働くことがとてもつらく感じてしまうので、最悪の結果、工場を辞めてしまうことに繋がってくるでしょう。

単純作業がつまらない

工場の製造現場では、ライン作業を担当する人がほとんどです。

○ライン作業でよくある悩み

  • 同じ仕事でつまらない
  • 自分の成長が望めない
  • ライン作業なんて飽きた

1日中、おなじ仕事ばかりやらなければいけないので、自分で考えて仕事をしたい人や、飽き性な人は、苦痛でしかありません。

このことから、単純作業がつらくて辞めてしまう人も多いです。

また、ライン作業の仕事がイメージと違っていたことから、

「こんなはずではなかった」

と、後悔する人もいるのではないでしょうか。

ライン作業の仕事は、工場の中でも入れ替わりの激しい部署です。

1日でも早くライン作業から脱出したいと思っている人も多いです。

大卒で工場勤務は恥ずかしい

工場で働いている社員は、高卒がほとんどです。

大卒社員が少ない環境で働いていると、せっかく、大学まで行ったのに工場で働いていることかもったいと感じてしまいますよね。

  • 友達はIT企業で働いている
  • 現場なんてやらなければよかった
  • 周りに大卒の社員が少ない

このことから、大卒で工場勤務が恥ずかしいと思っている人は多いはず。

しかし、大企業の場合は大卒でも工場で働いている人は多いです。

大卒なりのメリットもたくさんあるので、あまり気にする必要もありません。

ただ、小規模の工場で働いている場合は、恥ずかしいと感じてしまう気持ちもわかります。

工場勤務は残業が多い

工場の残業は比較的に多い部類に入ります。

工場によっては残業0時間で帰れる会社ありますが少数派です。

出荷するための納期が厳しく設定されているので、毎日のように残業をしなければいけないのは、嫌気がさしてしまいますよね。

実際に僕が昔働いていた工場では、残業が当たり前の環境だったので、とても辛い経験をしてきました。

労働基準法があるにもかかわらず、残業を強制している工場は今でもよく見かけるので、残業ありきの工場に嫌気がさしている人も多いです。

このように、残業を強制する工場で働いていても、あなたの未来は真っ暗なので、今すぐ脱出した方が、これからの人生も楽に過ごせますよ!

工場勤務は労働環境が悪い

工場の労働環境は本当に悪い。

基本的に、空調が整備されていない工場が多いので、

夏⇨45度

冬⇨3度

外気温とほとんど変わらない気温で働かなければいけないので、夏は暑くて冬は寒いです。

毎年、熱中症で倒れてしまう人も多いので、とても危険な状態で働いています。

このことから、事務職で働くことに憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。

工場勤務は危険な職場

工場の仕事は、危険がつきものです。

仕事を始めたばかりの頃は、毎日のように擦り傷や切り傷を作っていました。

特に気をつけなければいけないのが、量産機に巻き込まれでしまったり、指が挟まれてしまうことがあるので、

気を抜いて仕事をしていると、ベテランの社員でも大怪我に繋がってしまうので注意が必要です。

このような危険な職場で、働かなければいけないので、自己防衛のためにやめてしまう人も珍しくはありません。

工場勤務は底辺

そもそも、工場勤務自体が世の中の底辺だよね?と思う人も多い印象です。

  • 単純作業で誰でもできる
  • 人間関係悪い
  • 危険な職場

これだけの悪条件が整っているので、工場の仕事を嫌になってしまうのもわかります。

金型業界はきついわりに給料が低い

金型業界は、精神的にきついことで有名です。

毎日が、納期遅れ・製品不良・金型破損との戦い。

苦労している割に会社から評価を受けにくい職場なため、製造部から見下されることもあります。

そんな金型業界を辞めたいと思う人も大勢いることは事実です。

工場勤務を辞めるべき人の4つの特徴

悩む人

工場勤務をやめるべき人はどんな人かな?

ひろちき

以下の特徴が当てはまる人は工場勤務をやめたほうがいいかもしれません。

人と関わることが好きな人

基本的に一人で仕事をすることが多いので、

人と関わることが好きな人にとっては苦痛でしかありません。

  • 周りから見放されてしまっているのかな?
  • 思った以上に孤独が耐えられない
  • 自分だけ別の世界にいる感覚だ

このように感じている人も多いのではないでしょうか。

人と関わることが好きな人にとっては工場で働く毎日が苦痛でしかないはずです。

精神的に壊れてしまう前に工場なんて辞めてしまいましょう。

自分で考えたり、変化のある仕事をしたい人

自分で考えて仕事を進めていきたい!行動したい!

こんな人も工場には向いていません。

なぜなら、工場の仕事というのは基本的に与えられた仕事をこなすことがメインになってきます。

変化のある毎日を送りたい人にとっては、自分がロボットになってしまった感覚になっているのではないでしょうか。

事務職をやりたい人

工場で働いていると、綺麗なオフィスでパソコン仕事をする姿に対して憧れてしまいますよね。

事務職なりの大変な部分はあると思いますが、僕たちのような現場仕事というのは、体力勝負なところもあるので、

空調の効いた部屋で仕事できるだけでも恵まれた環境のように感じてしまいます。

もう現場仕事なんてやりたくない!

という人は、工場をやめてしまったほうがいいです。

工場の仕事にやりがいを感じない人

そもそも、工場の仕事に対してなんの魅力も感じない!

という人も多いのではないでしょうか。

  • 単純な仕事
  • もの作りなんてもう嫌だ
  • 時間に追われる毎日

このような理由で工場を辞めていく人をたくさん見てきました。

これ以上、工場の仕事にやりがいを感じないのであれば、辞めてしまったほうが気持ちもスッキリしますよ。

工場勤務を辞めないほうがいい人の3つの特徴

悩む人

工場勤務をやめないほうがいい人はどんな人かな?

ひろちき

以下の特徴が当てはまる人は、工場勤務をやめないほうがいいでしょう。

一人で黙々と仕事をこなしたい人

一人が好きな人だったり、自分のペースで仕事を進めたい人にとっては最高の労働環境ではないでしょうか。

話すことが苦手だったり、余計な人間関係に気を使わなくてもいいことが工場勤務の魅力でもあるので、

コツコツと仕事を進めていくことが少しでもあっているのであれば、工場をやめないほうがいいです。

手作業が好きな人

手作業が好きな人も、性格的にはあっているのではないでしょうか。

もの作りが好きだったり、手つきが器用な人は現場作業に向いているので、他の仕事に移った時にはギャップを感じるかもしれません。

人と接することが苦手な人

人と接することに大きなストレスを感じてしまう人は、工場勤務があっています。

人間関係の余計なトラブルに巻き込まれるのはとても辛いですよね。

一人で作業することは無駄な体力を消費しなくてもいいので、楽に感じている人はこのまま工場で働き続けてもいいのではないでしょうか。

実際に工場勤務を辞めた人の例

ひろちき

実際に僕が働いていた工場を辞めた人の一例です。

まったく違う業務に転職した人や自分の特技を生かす人など様々です。

Aさん 大卒(33歳)

工場時代:製品組み立て

転職先:営業

転職理由:工場に将来性を感じなくなった

Sさん 高卒(25歳)

工場時代:ライン作業

転職先:トラックドライバー

転職理由:給料が低くて嫌になった

Yさん 高卒(28歳)

工場時代:機械メンテナス

転職先:鉄道関係

転職理由:やりがいを感じなくなった

Uさん 大卒(35歳)

工場時代:ライン作業

転職先:品質管理

転職理由:体力的にきつくなってきた

未経験の転職なら転職エージェントがオススメ

未経験の異業種に転職する場合は、転職エージェントは必須です。

下の記事では、僕が使ったことのある転職エージェントを紹介します。

【転職に必須!】転職エージェントランキング【2022年版】 この記事ではこんな疑問に対してお答えします! 悩む人 自分に合った転職エージェントはあるの?『とりあえずコレ!』っていう...
【ミイダス】であなたの市場価値を無料で診断!!

 

【ここまで読んでくれたあなたにお知らせ!】

ミイダスに無料登録すれば求人サイトを確認できるほか、
あなたの市場価値を診断することができます。

簡単な質問に答えていくだけで年収アップに近づくチャンス!

あなたの持っている資格やスキルを活かして理想の転職を実現させましょう!

市場価値診断なら、ミイダス!