転職の悩み

【こなせない!】自分だけ仕事量が多すぎて辞めたいとき【脱出すべき】

sigoto-ooi

悩む人
  • 仕事量が多くてキャパオーバーで辞めたい
  • 自分だけ仕事量が多くてこなせない
  • 仕事量が多すぎてパニック

この記事ではこんな疑問に対してお答えしています。

『仕事量が多くてこなせない!こんな会社を辞めてしまいたい』

そんな気持ちになっていませんか?

とくに自分だけ仕事量が多いと、ものすごくイライラしますよね。

しかし、会社や上司があなたの仕事量を把握しているとは限らないのが厄介なところ。

上司はあなたに対しての期待感や、こいつなら断らないだろ?という甘い考えで仕事を降っている可能性があるので、精神的に潰れてしまう前に脱出することも大切です。

会社の期待に応えたい。

その気持ちはよ〜くわかります。

しかし、あなただけ仕事量が多くてキャパオーバーしてしまうことは、とても危険な状態です。

この記事では、残業150時間のブラック企業で働いていた僕が、

『仕事量が多いすぎる会社は会社は辞めた方がいい』ということを解説します。

仕事量が多いと起こる3つの問題

悩む人

仕事量が多いとどんなことが起こるのかな?

仕事量が多すぎると、キャパオーバーで焦りがでてしまったり、イライラして周りに八つ当たり。

なんてこともありますよね。

毎日が仕事に追われるだけ。

そんな生活をしていると、少しづつあなたの心は傷ついていきます。

しかし、目の前の仕事に追われるだけで、自分の健康状態までは把握できないのも事実。

ひろちき

仕事量が多いと、どんな問題が起きてしまうのか、以下に説明します。

仕事量が多いとミスが増える

仕事量が多いと、「早くこなさなきゃ!」という気持ち先走ってしまい、ミスを誘発してしまいます。

当然こなしている量も多いので、ミスの量も多くなってしまうのは仕方のない話です。

しかし、精神的に焦りが出てしまい、業務を簡素化したり、確認を怠ってしまうことがあるので注意が必要。

この悩みで多いのが、仕事でミスをしてしまうと自分を追い込んでしまうタイプです。

【このような負のスパイラルに注意】

ミスをする→自分を追い込む→精神的に病む

仕事量が多すぎるとミスを生む原因になるので、とても辛いですよね。

仕事量が多いと残業ばかりで疲れが取れない

仕事量が多すぎて1日で仕事が終わらない!

そんな人も多いはず。

毎日残業ばかりこなしていると、1日の疲れが次の日にも残ってますよね。

家に帰っても寝るだけの毎日。

そんな状態で働いていると、体力的につらすぎて何もやる気が起こりません。

せっかくの休日なのに「寝て終わり」なんてことも普通ではないですか?

仕事量が多いと精神的に不安定になる

仕事量が多いと精神的に病んできます。

毎日が時間との戦い。

そんな生活を送っていると精神的に不安定になってしまい、

時には、自然と涙が溢れてくることもあるかもしれません。

あなたをそこまで追い詰める会社は完全にブラック企業です。

精神的に立ち直れなくなる前に、『辞める』ことを視野に入れたほうが人生楽になりますよ。

【ブラック企業?】仕事量が多い人の悩み

sigotoooi-nayami

仕事量が多すぎて毎日悩んでいる。

そんな経験をしていませんか?

せっかくの休日なのに、仕事が気になってしまっては気持ちが休まりません。

そんな仕事量が多い人たちの悩みをまとめました。

残業しても仕事量が多すぎてこなせない

残業しても仕事量が多すぎてこなせない状態になっていませんか?

毎日が残業だらけになってしまい、仕事の期限を守ることで精一杯。

残業をしたいいわけでもないのに、上司からは「残業を控えろ」と言われてしまう。

仕事量が多すぎてやりきれないんだよ!

と、キレそうになりながらも我慢する毎日。

とはいえ、仕事が多いのは、あなたのせいではなく会社が仕事量を把握できていないだけ。

残業しても、間に合わないことが問題なので、環境を見直した方がいいかもしれません。

仕事量が多すぎるのに残業もできない

会社のルールにより、仕事量が多いのに残業ができない場合もあります。

しかしこの場合は、会社のルールに素直に従っておき、さっさと帰ってしまった方がいいです。

しかし、ここで注意が必要なのが、サービス残業なんてもってのほか。

ブラック企業の場合、サービス残業をしてまで、仕事を終わらせようとする上司もいますが、サービス残業は法律違反です。

そんな会社は滅びてしまった方がいいくらい。

たとえ仕事量が多くてやりきれない場合でも、さっさと定時で帰ってしまうことをオススメします。

会社のためにサービス残業をすることは、この僕が許しません!

仕事量が多すぎて鬱になりそう

仕事量が多すぎると、毎日がプレッシャーに押しつぶされそうになってしまい、精神的におかしくなってしまいます。

特に、残業量が多い人や、休日出勤している人は要注意。

仕事量が多すぎて精神的に病んでいませんか?

そんな時は休んでも大丈夫なんです。

仕事がある?そんなの関係ありません。

あなたの体あっての人生です。社会です。

会社のために仕事をしているのに、会社のせいで病気にかかってしまうのはおかしくないですか?

あなた一人が休んでも、会社は勝手に動いていきます。

なので、追い詰められる前に休んでも大丈夫。

人手不足!人がいなくて仕事量が多い

人手不足で仕事量が多いのは、とても辛いですよね。

そもそも、

社員の人数に対して仕事量が決まっていないことに問題があります。

人が入ってもすぐに辞めてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、今の会社の方向性をもう一度考え直した方がいい。

労働環境が悪い場合は、いつまでたっても人は入ってきません。

あなたの上司に問題がある場合もあります。

しかし、この状態は今のあなたではどうしょうもないこと。

速やかに、今の会社から脱出さすることをオススメします。

仕事量が多すぎて転職もできない

仕事量が多すぎて転職活動する暇もない。

当時の僕も同じような環境でした。

家に帰っても寝るだけの毎日。そんな状態だと転職活動をするのも大変です。

しかし、よく考えてください。

ここで頑張らないと、あなたは定年まで今の生活を続けなければいけません。

どうせ辞めてしまう会社なら、思い切って定時で帰るなり、有給を取ることも大切です。

仕事量が多くても、転職活動をしたほうが将来的にプラスになります。

【忙しいときの転職活動を進める方法】

  • 履歴書は休日にまとめて書く
  • 面接対策に時間を当てる
  • 思い切って休む

【自分だけ?】仕事量が多い時の解決方法

sigotoooi-kaiketuhouhou

悩む人

仕事量が多いときの解決方法が知りたいんだけど。

仕事量が多くてやりきれない時は次のことを試してみると、状況が変わるかもしれません。

仕事の優先順位を把握する

まずは、仕事の優先順位を把握しましょう。

1日のスケジュールの中で、何が一番大切なのか?

必ずこなしたい仕事があるはずです。

仕事の優先順位をつけることで、納期遅れを防ぐことができますし、仕事りょうお把握することができます。

まずはここから。

物理的にやりきれない場合は上司に相談する

次に、1日のスケジュールを立てたら、1週間、1ヶ月のスケジュールをザックリとで構わないのでノートに書き出してみてください。

その中で、物理的にやりきれない仕事が出てくるはずです。

『自分はこんなにも、仕事を抱えています』

『なんとかなりませんか?』

こんな感じで上司に相談することが可能。

1日の労働時間は8時間と決まっています。

残業したくらいではなかなか挽回できるものではありません。

上司に対してあなたがどれくらい仕事を抱えているのかをアピールすることが大切です。

環境を変えて脱出する

悩む人

でも、上司はなんの相談にも乗ってくれない。

『残業してなんとかしろ』の一点張り。

ひろちき

こんな状態だと、とても辛いですよね。

仕事量が多い会社というのは、根本的に働き方がおかしい場合が多いので、今の会社で働いていても、改善しない場合がほとんどです。

つまり、今の会社から脱出しないかぎりは、仕事量の多い環境から抜け出すことは不可能だということです。

実際に僕も仕事量多い会社で働いていましたが、やってもやっても終わらない、負のループにハマっていました。

しかし、そんな会社から脱出することで、仕事量の少ない環境で働くことができています。

退職理由が『仕事量が多い』でもOK!

悩む人

退職理由が「仕事量が多かったです』でも大丈夫なの?

ひろちき

退職理由が『仕事量が多い』でもOKです!

企業先は、あなたの転職理由がまともか?をみているだけなので、「ものすごく追い込まれていた状態」を説明できるといいですよ。

例えば、どのくらい仕事量が多かったのか数字で説明できると良い。

仕事量が多くても頑張った功績を説明する

最終的に、ポジティブにまとめることができればOK!

ただの、グチや文句にならないように注意すれば、企業も納得してくれます。

仕事量が多すぎる会社を辞めたら手に入るもの

実際に、僕の周りにも残業で苦しめられている人は大勢います。

その人たちのほとんどは、残業の少ない会社に転職していますが、

『もう、あの生活には戻りたくない』

と口々に話しています。

想像してください。

多忙な会社を脱出したら、どんなに幸せか。

自分のやりたいこと。たくさんありますよね。

きっちり定時で退社して。

大切な人とご飯に出かけることもできます。

ドラマや、アニメをひたすら見ることもできます。

想像しただけでも、ヨダレが出てきませんか?

忙しい会社を脱出するだけで、これら全てが手に入るわけです。

多忙な会社を脱出したら手に入るもの
  • 自由
  • 大切な人との時間
  • 精神的な余裕