工場勤務

工場が人手不足で耐えられない!辞める人が多い工場の末路とは!?

kojyo-hitodehusoku

こんな疑問にお答え!
  • 工場が人手不足で辞める
  • 人手不足の工場の辞め方
  • 辞める人が多い工場はどうなるのか?

工場が人手不足でもう辞める!

こんな心境になっていませんか?

労働環境が悪い工場ではつねに人手不足に陥っています。

実際に僕が働いていた工場では、新人が入っても半年で辞めてしまうほどの工場でした。

  • 労働環境は最悪
  • 残業しても仕事が終わらない
  • 忙しすぎて休めない

人手不足の工場では、このような状態で働き続けなければいけないので、とてもつらい環境ですよね。

この記事では、実際に人手不足の工場で働いていた経験をもとに、工場を辞めるときの注意点をまとめました。

profile
>プロフィールはこちら

工場が人手不足!辞める人が多い工場の特徴

工場が人手不足の場合、どのような原因や特徴があるのでしょうか。

そもそも、製造業が人気のない業種なのは確かですが、ものづくりが好きな人はたくさんいるはず。

しかし、そんな工場が人手不足の原因や辞める人が多いのには理由があります。

実際に、僕が働いていた工場では、最大で年間に30人ほど辞めていく工場で働いていました。

人手不足で辞める人が多い工場はこんな特徴があります。

労働環境が悪い工場

工場で働いている人の中にはひどい労働環境で働いている人も多いのではないでしょうか。

【工場の労働環境が悪い】

  • 残業がおおい
  • 重労働でつらい
  • 夜勤がいやだ

とくにこのような労働環境の場合、新入社員が入っても、すぐにでも辞めてしまうので、常に人手不足の状態で働いていると思います。

労働環境が悪いというだけで、新入社員が続かない環境が出来上がってしまっているので、会社が働く環境を見直さないかぎりは、改善は難しいと思います。

残業や休日出勤が多い工場

残業や休日出勤が多い工場も、人手不足で辞める人が多いのではないでしょうか。

じっさいに、僕の働いていた工場では、残業100時間が当たり前のようにありました。

休日出勤も毎週のようにあったのでプライベートな時間なんてほとんど取れません。

僕の働いていた工場では、残業が多いことが原因で、毎年10人は辞めていきました。

おかげでかなりの人手不足です。

このように、残業や休日出勤が多い工場では、どんどん仕事ができる人から辞めていきます。

会社の経営が不安定で倒産しかかっている工場

会社の経営が不安定な会社もどんどん人が辞めていき、人手不足になっているのではないでしょうか?

【倒産しかかっている会社の特徴】

  • 給料が上がらない
  • ボーナスがない
  • 仕事がない

じっさいに、僕が働いていた工場ではこのような状態で働かされていたので、どんどん人が辞めていき人手不足な状態でした。

しかし、会社が不景気な状態って自分では解決できないことですよね。

こんな会社は新しい人も入っても、またスグに辞めてしまうので要注意!

仕事ができる人・まともな人がいない工場

仕事ができる人がいない工場も、どんどん人が辞めていくのではないでしょうか。

まともな人がいない工場ってとてもつらいですよね。

  • 他人に頼ることができない
  • 仕事がまったく進まない
  • 計画を立てたのに意味がない

きつい仕事が全部、自分のところにきてしまい、他人に頼ることもできないまま働いているのはとても大変ですよね。

人手不足な会社では、仕事ができる人から辞めていくので、大幅な戦力ダウンが見受けられます。

職場の平均年齢が高い工場

職場の平均年齢が高い場合も辞める人が多い工場の特徴です。

冒頭でも話したように、辞める人が多い工場では若い社員からどんどん辞めていきます。

結果、転職しにくい社員だけ残る傾向にあるので平均年齢が高くなってしまいます。

人手不足の工場で働き続けた末路【結論:逃げられない】

それでは、人手不足の工場で働き続けた場合、どのような状態になってしまうのか見ていきましょう。

じっさいの、僕の経験談になりますが、ずるずると働いてしまうと上司の期待感や圧迫により、どんどん逃げられない環境に追いやられてしまうので注意が必要です。

仕事の継承ができない→いつまでも最前線で働くことに

新入社員も続かない、若い社員がどんどん辞めていく。

こんな環境で働いていては、将来的にあなたの元で働く社員はまったく育っていないことになります。

したがって、仕事の継承ができなくなってしまい、あなたがいつまでも最前線で働くポジションから抜け出せなくなってしまいます。

また、将来的にあなたが工場のリーダーになったときのことを想像してみてください。

いつも最前線で働くリーダーの姿はカッコ良くうつるかもしれませんが、逆をみれば誰も頼る人がいないということです。

このように、仕事の継承ができないことは、とてもつらい現実です。

残業や休日出勤の対応で休む暇がない

残業ばかりで、毎日ヘトヘト。

そんな状態になっていませんか?

人手不足なのに仕事量は普段と変わらない乗って本当に理不尽ですよね。

管理職も知っているはず。

なのに仕事ばかりが増えていきまったく減る気配がありません。

会社は売り上げをキープしなければいけないので、仕事を減らすことをしません。

しかし、仕事をやる人材が減っているのに、こんなにやれるわけないだろ!

と言いたくなるほど。

人手不足になってしまうと、工場は一気に仕事が終わらなくなってしまいます。

人手不足の工場リーダーは「つらい」の一言

人手不足の現場リーダーは本当につらいです!

自分の元に仕事が回ってくるのに、みんな手いっぱいでやれる人が誰もない。

でも仕事を終わらせないといけないので、結局は自分がやる羽目に。

そんな状態に陥っていませんか?

人手不足なのは仕方がないこと。

でも仕事量ぐらいは調整してほしいものです。

工場の新入社員が辞める割合

悩む人

工場で働く新入社員の辞める割合はどれくらいいるのいかな?

結論;新入社員が3年以内に辞める割合は 30%

意外と少ない!?と思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、個人的な体感としては『こんなもんかな?』と思ってしまいます。

3年以内が30%なので、5年10年となった場合はいったい何人の社員が働いているのでしょうか?

10年後も今の同期が辞める確率は70%くらいかな?と思います。

人手不足の工場を辞めるための注意点

人手不足の工場を辞める時の注意点を紹介します。

普通の会社よりも退職引き止めにあう可能性が非常に高いので、気持ちが揺るがないようにするための注意が必要です。

じっさいに僕は、退職引き止めにあって3回も会社を辞めるのをためらっています。

人手不足の工場を辞めるときの心構えや注意点は以下のようになります。

退職理由は「一身上の都合」でOK!

まずは、会社を辞めるときの退職理由で悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

中途半端な退職理由では、上司の引き止めにあってしまい退職をためらってしまう可能性があるので、ハッキリと伝えてしまった方が相手は何も言えなくなります。

【オススメの退職理由】

  • 一身上の都合
  • つぎの会社が決まっている
  • やりたいことがあるから辞めます

退職理由が曖昧だったとしても、だいたい辞める理由は察してくれます。

退職引き止めにあっても「強い意志」が必要

悩む人

もし、退職引き止めにあったらどうすればいいの?

退職引き止めにあっても、本人に辞める意思が強く出ている場合、いっさい会社は引き止めることができません。

ということは、辞める決意をしたからには、ハッキリと「会社を辞めます!」と伝えたほうが、あなたの上司もすんなりと受け入れることができると思います。

あなた自身に、迷いの気持ちが残っているとズルズルと元の職場にひこ戻ってしまうので、強い意志を持って、辞める気持ちを伝えましょう。

退職までの期間は有給を使い切って辞めよう

ここでも注意は必要なのが、いざ辞めることが決まったとしても、退職する日を引き伸ばされてしまう可能性があることです。

会社としては、人手不足なので少しでもあなたを働かせようとしてくるはずです。

しかし、ここでも上司の話を聞いていてはいけません。

忙しいのはわかります。

しかし、有給を使いきって辞めることの選択はあなたが取ることができます。

ここは思い切って有給を使い切って次の職場までの休暇をとったほうがいいのではないでしょうか?

いつまでも上司はあなたに頼ろうとしてきます。

しかし、会社を辞めることを決めたなら、いまの会社の意見は切り捨てるべきではないでしょうか?

まとめ:工場が人手不足なのは経営に問題がある

一言でまとめるなら、工場が人手不足なのは会社の経営に問題があることがほとんどです。

社員が会社を辞める理由は様々だと思いますが、人手不足になってしまうほど悪い環境で働かせている会社にろくな経営者はいません。

会社は人があっての会社だと思うので社員の居心地の良い環境を作ってこそではないでしょうか?

いま、あなたの会社が人手不足な原因はたくさんあると思いますが、このまま今の会社にしがみつく理由もないと思います。

優秀な社員はどんどん次の会社に転職していくので、あなたもその優秀な社員の仲間入りをしちゃいましょう!

tensyokusaito-sindan