工場勤務

【朗報】機械オペレーターとは底辺でつまらない仕事なのか?実際はスキルが必要

bottom-machine-operator

この記事では、こんな疑問に対してお答えしています。

悩む人
  • 機械オペレーターの仕事は底辺なのかな?
  • 機械オペレーターの仕事はつまらない仕事なの?
  • 機械オペレーターとはどんな仕事か知りたい

工場の仕事で見かけることの多いお仕事の1つである『機械オペレーター』

しかし、僕の工場でもよく聞く話なんですが、

  • ボタンを押すだけの仕事
  • 同じ仕事の繰り返し
  • 転職先が見つかりにくい

という悩みを抱えている人も多いのが事実。

このことから、『機械オペレーターは底辺でつまらない仕事』と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

結論から話すと、

スキルをつけたり、専属のオペレーターになることができる仕事!

ということを伝えてきます。

ひろちき

13年間、工場で働いている僕が、

実際に機械オペレーターのお仕事を7年以上こなしてきたので、その内容について説明します。

>>プロフィールはこちら

機械オペレーターとは?

悩む人

そもそも、機械オペレーターってどんな仕事なの?

ひろちき

工場の要となる生産機や、

精度の良い部品を作るための機械を動かす仕事です。

機械オペレーターとは、実際にどんな仕事内容なのか分からない人も多いのではないでしょうか。

工場で作るものによって、機械オペレーターの仕事は大きく変わってしまいますが、

一言でまとめると、『機械操作をして製品を作る仕事』と思ってもらえればいいと思います。

特に1番代表的なのが、

金属プレスのオペレーターや、製品の量産機であることが多いです。

1日に数万個という製品を量産する事に特化しているので、その動きに圧倒されてしまうこともあると思います。

自動で機械を動かしてしまえば、製品の回収をすることが主な仕事です。

ひろちき

このように数を量産する機械もあれば、少数生産をしている機械もあります。

中でも、NC旋盤(NCせんばん)という機械はとても精度が要求されるお仕事です。

製品の量産性は低いですが、1点物の製品を作るのに特化しています。

機械の特徴や工具の種類を知っていなければいけないので、専門的な知識を養うことができますよ!

このように、機械オペレーターというのは、大小様々な機械を使ってお仕事をする、とてもやりがいのあるお仕事になっています。

仕事内容は、慣れてしまえば簡単にできるものもあるので、初心者の方でも覚えることは簡単です。

ひろちき

しかし、製品の量産担当だけでは、つまらなく感じてしまうこともあります。

機械の調整までできれば、楽しさは広がってきますよ!

機械オペレーターのお仕事
  • 金属プレスの機械オペレーター
  • NC旋盤の機械オペレーター
  • 部品加工や組み立てロボットの機械オペレーター

機械オペレーターは底辺でつまらない仕事なのか?

悩む人

機械オペレーターの仕事はわかったけど、

実は底辺でつまらない仕事なんじゃないの?

ひろちき

機械オペレーターをやっている人は、底辺でつまらない仕事だと思ってしまう人も多いです。

ここからは、機械オペレーターがつまらない理由をまとめました。

機械オペレーターがつまらない理由
  • ボタンを押すだけで、誰でもできる
  • 同じ仕事の繰り返し
  • 転職先が見つかりにくい

同じ動作の繰り返し

機械オペレーターとは、仕事に慣れてしまうと同じ動作の繰り返しになってしまうことがあります。

基本的には、設定の数値さえ間違わなければ、全ての動作を機械がこなしてくれます。

とはいえ。

作業者はボタンを押すだけの簡単な動作になってしまうので、『つまらない』と感じてしまうことも多いのではないでしょうか。

ボタンを押すだけで誰でもできる

作業に慣れてしまうと、

同じ動作になってしまい『ボタンを押すだけ』みたいな感覚になってしまいます。

しかし、

つまらないと感じるということは、作業効率が上がってきている証拠なので、そんなにネガティブなことでもないと思います。

転職しにくい

機械オペレーターを極めてしまうと、他の業種に転職しにくくなってしまいます。

というのも、機械オペレーターと一言に言っても様々な機械が存在するので、希望とする転職先に同じような機会があるとは限りません。

したがって、同じ機会がない場合は1から覚え直すことになるので、転職先でも苦労することが多いことが挙げられます。

しかし、世の中には同じような機械は必ずあるので、ピンポイントでマッチすることができれば、簡単に転職先を見つけることも可能です。

機械オペレーターのメリット

悩む人

機械オペレーターにはどんなメリットがあるの?

ひろちき

機械オペレーターをやることでこんなメリットがあります!

難しいことも多いですがとてもやりがいのあるお仕事ですよ!

koujyou-meritto
【工場勤務のメリット・デメリット】向いている人の性格まで教えます! この記事ではこんな悩みについてお答えしています。 悩む人 工場で働くメリット・デメリットは?工場で働きたいけど、どんな感じかな?...

職人になることができる

ひろちき

機械オペレーターを極めると、職人になることができます。

工場の生産機は簡単にいくこともあれば、クセが強い機械もあります。

クセが強い機械というのは、使い慣れている人でしか動かすことが難しい場合があります。

このように誰でも動かすことのできる機械だけではなく、クセの強い機械を動かすことができればあなたは立派な職人になることができます。

工場に1人は必ず必要になってくるので、このような職人になることができれば、重宝されること間違いなしです!

あなたの専用機にすることができる

機械には細かいクセみたいなものがあります。

人間で例えるなら、一人一人性格が違うのと同じで、機械にも1台1台細かい違いやクセがあります。

その機械のクセを養うことができるのは、長年向き合ってきた作業者にしかわかりません。

機械修理もできるようになる

生産機というのは新しい機械ばかりではなく、古い機械も数多くあります。

長年使い込んだ機械というのは、壊れてしまい動かなくなることは多くあります。

そこで何度か機械の修理をすることで、機械の構造を覚えることができるので、機械修理もできるようになるのです。

機械オペレーターはスキルをつけることは可能か?

悩む人

機械オペレーターはスキルをつけることができるの?

ひろちき

結論から話すと、

スキルをつけることは可能です!

機械オペレーターをやっていると、様々なトラブルが起きるので、簡単に生産することも難しいことがあります。

そこで必要になってくるのが、あなたの経験や知識です。

その経験こそが機械オペレータとしてのスキルに繋がってくるので、

決して底辺な仕事ではないことがわかりますよね!

さらには機械オペレーターの国家資格などもあるので、取得することをお勧めします!

機械オペレーターで身につくスキル
  • 機械のクセを見抜くスキル
  • 機械調整のスキル
  • 機械修理のスキル

まとめ【スキルをつけることが大切】

機械オペレーターと一言に話しても様々なオペレーターがあります。

しかし、全てのお仕事が底辺ということではなく、何も考えずに仕事をする行為が底辺なのではないでしょうか。

僕の知っている社員でも、『この人がいないと機械が動かせない!』という社員もいれば、何も考えずにボタンだけ押している社員もいます。

この両者の仕事内容は似ていますが全く質の違う仕事をしているのではないでしょうか。

このように、底辺だと感じている人でも、スキルをつけることで、職人並みの技術を習得することも可能になってくるのです。

機械オペレーターのお仕事もスキルを磨いていくことが大切になってきますね!

【ミイダス】であなたの市場価値を無料で診断!!

 

【ここまで読んでくれたあなたにお知らせ!】

ミイダスに無料登録すれば求人サイトを確認できるほか、
あなたの市場価値を診断することができます。

簡単な質問に答えていくだけで年収アップに近づくチャンス!

あなたの持っている資格やスキルを活かして理想の転職を実現させましょう!

市場価値診断なら、ミイダス!